まあるくてあったかくて俺様。文鳥ズに溺れるととの日記。


by thot3
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

しろちゃんのこと。

AMYの高校入試の約一週間前のこと、2014年3月6日はとても寒い朝だった。
いつものように、目覚まし時計で起きられないAMYに声をかけ、「まったくもう・・」とため息をついてブンたちのケージに目をやると、しろちゃんが床にいた。敷き紙の上に(しかもヒーターからは離れて)座りこんでいる。
「しろちゃん、しろちゃん! AMY、しろちゃんがヤバい!!」」手に乗せるとしろちゃんはすっかり冷えている。
いつから下にいたんだろう。こんなに寒い夜だったのに。
AMYがのろのろとベッドから出てきて、しろちゃんを覗き込む。
私の手の中でぺたんこになって目を閉じ気味にしてるしろちゃん。
「今日もたないと思うよ。」「うそ・・」
会社を休むことにした。娘が熱出して、受験前だから病院連れていきたいと、会社に嘘の電話した。
AMYも学校休むと言い出した。今日の授業内容なら問題ない、皆勤賞の図書カードがもらえなくなるのは残念だけど、しろちゃんといたいと言う。そこで、学校にも嘘ついてAMYまで休んでしまった。

朝ごはんのあと、AMYは一応机に向かって勉強。
私はずっとしろちゃんを抱っこして(少ししたら体温が戻ってきた)、みかんの汁をあげたりしながら(大好きな小松菜にもみかんにも反応しない)、なるべく静かに見守ってていた。
脚がすごく弱っていたんだよね。ケージの中でうまく移動できなくて止まり木から落ちることもあった。
同じ年齢の他の子よりも体が老いている感じがしてた。
一生懸命に祈ったけど、ダメだった。
午前11時頃、突然、けいれんみたいにバタバタッと体が跳ねて、そしてしろちゃんは動かなくなった。
ちっちゃなしろちゃんを抱いて、私たちはずっとずっと泣いていた。

d0136216_1174250.jpg


2006年3月28日、我が家にお迎えした最初の文鳥。いっつも一緒だったね。
担当AMYだったけど、妻の蘭ちゃんよりも私のことが大好きで、嫌な爪切りされてもすぐ甘えに来た。私が食器を洗ってると、水音に反応して部屋の端からまっすぐ飛んできた正面顔がいつも可笑しかった。お歌がとっても上手で、後継の男の子たちは、しろちゃん節と銀ちゃん節をミックスして習得していったっけ。

ほんとはあまり置いとくとよくないのだろうけど、冬だし。
陶器の水浴び容器に遺体を寝かせて、玄関にいてもらった。毎朝、もちろん入試の日も、私たちはしろちゃんに話しかけて、冷たい体を撫ぜてから家を出た。落鳥から一週間後にAMYの入試、そして合格発表。そのあとようやく埋葬。

そいえば、しろちゃんの本名は『すみれ』であった(笑)。

AMYの高校合格と一緒に、しろちゃんと同じ春を迎えたかったな。
今でも、あの正面顔や首を傾げて見つめてくれる仕草を思い出すと、涙が出ちゃう。
たぶんこの先も、しろちゃんを思うと私は泣くんだろうな。
d0136216_15151789.jpg

d0136216_15165081.jpg

d0136216_15153869.jpg

d0136216_15155590.jpg

d0136216_15161123.jpg

d0136216_1517376.jpg

しろちゃん、ありがとう。

書きかけてずっと放置してて、ようやく仕上げました。
今年しろちゃんの誕生日が来たら、このブログおしまいにするつもりです。
[PR]
# by thot3 | 2015-01-03 15:16

さよなら銀ちゃん

既に一週間が経ちましたが。

先週の火曜深夜から水曜朝方にかけてだったのでしょう。

その日は私、仕事が休みで。
朝、AMYを学校に送り出したあと、ブンたちのケージひとつひとつを覗いていたら。
えっ? いつもいる位置に銀ちゃんがいない??
ラックの前に膝をついて、銀ちゃんの名を呼びながら、色んな角度から見て探した。すると、餌箱の陰で死角になってたのね、ケージの隅っこ、敷き紙の上に発見。横になって。表現ではなく本当に横向きに横たわってる銀ちゃんがいた。

片足がきかなくて不自由していた銀ちゃんは、歳のせいかここ最近ますます弱々しく見えてた。前は掴める方の足で止まり木にとまっていたのよね。たまにコケて下に落っこちたりしてたけど、足以外は元気で、妻のみかんとも仲良く穏やかに暮らしていたんだよ。
それが、秋頃から下にばかりいるようになった。仕方ない、冷えるといけないから床にごく近い高さに皿巣を設置して偽卵を置いといた。みかんは時々床に産卵していたので(絶対に無精卵・だって足悪いから交尾できないもん)、巣と偽卵に気付いた夫婦は、喜んで放卵ごっこをはじめた。
よかった。巣にいてくれれば床よりはいいだろう。
ところが銀ちゃん、放卵ごっこをやめて、また床に下りての生活をしてしまう。
自分が入れるくらいの高さしかない、皿巣と床の間に。皿巣の真下に隠れるように、そこを定位置にしてしまったらしい。止まり木にもまったく来なくなった。そこで今度は,床に餌を置いてあげた。食事はしていたね。
顔色悪いし、なんだか狂気がかった顔つきしてる。目がつりあがった感じで。
餌や水を替えるとき、やむなく私が手を入れると、ケージ内で異様に脅えて声出してバタバタ騒いでさ。前はそうじゃなかったのに。少しのことでひどい暴れようだった。

そいえば、ひなちゃんが謎の自虐行為で大怪我をして受診したとき、先生に言われた。
神経系がちょっといっちゃってる子はつり目のことが多いと。

正直、年末くらいから、もう永くないなと思った。
男の子なのに嘴とアイリングの色が薄すぎる。脅え方が異常。
受診を迷ったけれど、神経系となるとどうしようもないし、ここで車で運んでストレスかけるのはマイナスだと思い、見守ることにした。小松菜あげたり、新聞紙にくるんだホッカイロを置いたり。

でも。頑張ったけど、一人で力尽きちゃったんだね。その時は辛くなかったのだろうか。
2014年1月29日、銀ちゃん落鳥。
学校から帰ってきたAMYに話すと、コート着たままラックの前に正座して黙ってずっと泣いてたよ。

2006年3月生まれ、
政略結婚のため、のいらさん宅から我が家に来てくれた銀ちゃん。
実に文鳥らしいふくふくとして艶やかで、立派な容姿の桜文鳥でした。
愛情深くて、賢くて、子育てに熱心だった銀ちゃん。
チャイにも、みかんにも、優しくしてくれてありがとう。
先立ったチャイに逢えたかな? また二人でいちゃいちゃして暮らしてね。
さよなら銀ちゃん、どうもありがとう。
[PR]
# by thot3 | 2014-02-05 15:02

なんてこった。

PCが重いことを言い訳に、放置して半年。
反省・・・。

寒くなりましたが、文たちは元気ですよ。
週に二回でしかないけれど、なんとか放鳥しています。
暖房も設置しています。

さて、暴れん坊ぴかちゃん。
先日ケージの掃除中、床面の新聞紙に隠れてタマゴをひとつ発見してびっくり!!
割れてましたけどね。
ぴか、一人暮らしなのに。今年の1月産まれなのに。どうした?
想像妊娠か、放鳥中誰かにやられたか(品のない表現)。
その後は産んでなくて、たったひとつで終わったからさほど気にしていませんが。
やー、びっくりしたわ。ほんと。
[PR]
# by thot3 | 2012-12-16 10:30

あれこれ異動

まず、お預かりしていたひなちゃんになちゃんが、12日(日)に上越の元親さんのところへ帰りました。約4年間、私が昼の仕事と夜のバイト掛け持ちのため、後半は特にあまり放鳥もできず、自由に遊ばせてあげられなくて悪かったなぁと思います。
我が家も高齢化が進んで、足元が怪しい子とかてんかんの子とか、明らかに見た目が老化してきている子とか・・。ひなになちゃんは実年齢のわりにとても若いけれど、文鳥の寿命を考えると、元気で可愛いうちに里帰りしてほしいと思ってのことでした。
上越から可愛いお嬢さんと一緒にお迎えにきてくれたT子ちゃん、運転お疲れ様っ。
二羽減っただけで、放鳥時の賑やかさが違うもんですねぇ。
これからはのびのびと暮らせることでしょう。元気でねー!

それと、
実家にいるぽやん(桜♂/銀ちゃんと故チャイの息子)とリン(白♀/しろチャンと蘭の娘)のペアを、一時的に連れてきました。病院行くので。
場所がないので、代わりにココア(シナモン♂)とレオ(白♀/しろチャンと蘭の娘)のペアを実家に置いてきました。ココアはてんかん持ちなので、そのへん母にちゃんと申し送りしてきました。

我が家の王子様しろチャンは2006年3月産まれ。飛ぶのは上手だけど足元よぼよぼ。
銀ちゃんも2006年3月産まれ。
半年くらい前から、銀ちゃんは片脚がききません。
指が開いたままで、止まり木を摑めないのね。
だから添えてるだけ。片脚でアタマをカカカカと掻くのに苦労してます。
受診したら「治らないと思うけど・・」と、飲み薬はいただきましたが改善はみられませんでした。高齢だから仕方ないのかなー。

ケージの前に座ってじっと見てると、いとおしくて涙が出ます。
みんなずっと元気でいてねっ。
[PR]
# by thot3 | 2012-08-16 12:38

失礼なぴかちゃん

ベタ慣れにしたいので、ぴかるは単独放鳥です。
すると、何の遠慮もなく先輩方のケージの上や脇に遊びに行き、
ひどい時は先輩の頭上から喧嘩を売ります。
一番行くのは何故かシロちゃんとこ。たまに一緒に放鳥するとついてくし。
ぴかるはシロちゃんのこと好きみたい。

失礼の現場。左はひなになちゃんの部屋、右に見えるシナモンはココア。
d0136216_1427179.jpg

ラックを一段下がって、左が銀ちゃんとみかん、この右がシロちゃんと蘭です。
d0136216_14271769.jpg

白目が消えててコワイ・・・。

びかちゃん今日も恐いもの知らずです。
[PR]
# by thot3 | 2012-05-06 14:27

ぴかる

d0136216_21305746.jpg

お迎えして2ヶ月。
かなり自由に飛び回るようになってきた(^^)

物凄く元気で、先輩たちに平気で喧嘩売っとるよ。
やんちゃだけど、今のところぐぜる気配ないし…、女の子かなぁ。
[PR]
# by thot3 | 2012-03-31 21:30

今日から仲間入り!

d0136216_22155736.jpg

d0136216_2215577.jpg

ペットショップで目が合った瞬間、惚れてしまいました。

新入りの雛です(^^ゞ
[PR]
# by thot3 | 2012-02-09 22:15

エロ夫婦

d0136216_2345547.jpg

横になってスカートめくれてたAMY。
その脇ケツに乗る白チャンと蘭。

何故そこに?^^;
[PR]
# by thot3 | 2011-08-28 23:04

さよならイチゴ

2011年5月10日、いちご落鳥。

実家にいた白ブンの姉妹、
みかんといちごをGW中に銀ちゃんの嫁候補として連れてきたばかりの出来事だった。

実家母によると、この姉妹は時々喧嘩をしていたらしい。
我が家に連れて来て観察してみたら、気が強いのはみかん、やられる一方なのはいちご。
そのいちごのクチバシの根本に血が滲んでいるではないか。
みかんにつつかれたのか?
でも元気に餌食べたり水浴びしたりしてる。よく見ると血は既に固まっているし。
様子を見ることにした。

連休明けて月曜日、みんな元気なことを確認して仕事へ行く。
火曜日も同様に出勤、少し残業して帰宅。即ケージのところへ行く。

姉妹はケージ最上段の止まり木に、二羽寄り添ってむくむくしている・・が、
ぎょぎょっっ!!
いちごの嘴とアイリング、色がないっっっ! 全くないよーっっっ!!

いちごの嘴に、大好きな果物のみかんを近づけても反応なし。
とりあえずスポイトでアガリクスを薄く溶いた水だけ飲ませる。飲んだと思う。
あったかくしなきゃ!と、姉妹を一旦別の場所に移してから、
片付けたばかりだったヒーター類を出してきて設置、姉妹をそおっと戻す。
ぼとん!
止まり木からいちごが落ちた。中段の止まり木に羽をひっかけながら。
やばい!めっちゃヤバいよ!!!!
ケージに手を入れて、いちごを出して自分の手で包む。名前を呼び続けた。
あっという間だった。
落ちてから2分くらいかな、瞼が閉じられて、いちごの胸が動かなくなった。
しばらくの間、黙って撫ぜていたけれど、いちごはもう動いてはてくれなくて。
へたりこんで胸の前でいちごを両手で包んだまま、号泣してたらダンナが帰宅。
ハンカチにいちごをくるんで、残ったみかんのそばに置き、手を洗って夕飯作った。

実家から連れてきて3日後くらいの落鳥。ごめん。
あまりにもきれいでふわふわだから、温めたら生き返るかと思って、
ハンカチにくるんで、その晩はバイトに連れてった。
バイト中ずっと私のブラのところに入れておいた。
自分のことちょっと変だと思ったけど、どうしてもそうしたかったんだよね・・・。

死因は何だ?
傷が痛くて餌を食べられなかったのか。バイキン入ったのか。
唯一救いなのは、看取ってあげられたことだな。

☆いちご☆2007年12月7日生まれ
白チャンと蘭の娘で、まるぴーや健ちゃんと同時に授かった4羽のうちの1羽。
d0136216_0583687.jpg


そして、残った白ブンのみかんは、なんと銀ちゃんと同居に成功!
仲良く寄り添って暮らしているよん。
[PR]
# by thot3 | 2011-08-19 00:58

さよならとありがとう。

3月23日、AMYの卒業式と、ホテルでの「卒業を祝う会」から帰宅。
とても疲れたので、真っ先にブンたちの顔をみるべくラックに歩み寄る。
「ただいま~!」

…!?
銀ちゃんとチャイのケージには今、箱巣が設置されている。
箱巣の上蓋は1/3ほど切り落としてあるので、
夫妻はそこから出入りするし、人間は中がよく見える。
仕切られた二部屋のうち奥の方には、皿巣を小さく切って敷いたすり鉢状の座布団があり、
そこで卵を産み、温めている。
…はずだった。
自分たちで巣に持ち込んだ紙切れを、掛け布団のように被って喜んでいるブンたち。
箱巣の手前の部屋、しわしわの紙切れの下にチャイの伸びた脚が見えた。
銀ちゃんは止まり木にいる。

なんでこっちの部屋にチャイがいるんだ!?
「チャイどうした?チャイ!AMY来て、チャイが変っ!」
どきどきしながらラック全体を覆う透明シートをはぐり、急いでケージに手を入れた。

あかん…。完全に冷たい。いつだったんだろう。
いつも声かけて全員を確認して出掛けるのに、今朝はバタバタと卒業式に出掛けたから、
遠くからしか見ていなかった。今日に限って!!!

手の中の冷たいチャイは怪我した様子もないし、卵秘の気配もない。
たくさん卵産んで、ずっと抱卵してて、体力落ちてたのかな。
どうして、卵がみっつある奥の部屋じゃなく、こっちにいたのだろう。
こんなことなら、もっともっと小松菜やみかん食べさせてあげればよかった。
わかってあげなくてごめん…。
銀ちゃん、ごめん。

脚弱の脚がだらんと伸びきっていたけれど、体は冷たいけれど、
柔らかい色の羽はふわふわで、嘴の色のまだきれいで。
AMYと代わる代わる暫く撫でて、
AMYの部屋のベランダにある百合のプランターに埋葬した。
ここには、かつて孵化したけれど駄目になった雛も2羽眠ってる。

ずっと書けなかった。落鳥からもう三週間過ぎたのに。
チャイ亡き後、銀ちゃんはひとりで卵3個を温めてみたり、
時々、雌が雄を呼ぶときみたいなヒステリックな声でチュンチュンと叫び続けてたりした。
箱巣は落鳥の週末に撤去、ずっと夫婦で暮らしてたケージが急に広くなった。
最近ようやく、銀ちゃんは変な鳴き方をしなくなったみたい。
放鳥するとになちゃんに踊りながら迫ってみたり、
何故か隣のケージの白チャンに熱心に求愛ソングを歌ったり、よくわかんない(笑)。

2006年10月2日千葉生まれ、2011年3月23日他界。
いつも脚が流れてたけど、可愛くて愛情深いチャイ、
たくさんたくさんありがとう。
私はいい飼い主じゃなかったけれど、とびきり素敵な伴侶と出逢えたよね。
さよなら。
もしも。もしよかったら、またうちに来てくれたら嬉しいな。
d0136216_1695592.jpg

[PR]
# by thot3 | 2011-04-17 15:32